WordPressにアップロードできるファイルサイズを変更する方法

ファイルをアップロードするとエラーが出る

画像をアップロードしようとしたところ、
このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。
というエラーが出てしまいました。

  • 環境
    • Ubuntu 18.04 LTS
    • Nginx
    • PHP 7.2

原因1:Nginxのデフォルト設定

原因1はNginxのデフォルト設定で、POST最大サイズが1MBまでになっているためです。
設定ファイルを書き換えて変更します。

原因2:PHPのデフォルト設定

原因2はPHPのデフォルト設定で、アップロードできるファイルサイズが2MBまでになっているためです。
こちらも設定ファイルを書き換えて変更します。

原因1 解決方法:Nginxの設定ファイルを編集する

Nginxの設定ファイルを編集します。

$ cd /etc/nginx/
$ sudo nano nginx.conf

http {
     (-中略-)
     client_max_body_size 50M;
     #includeの前に上の1行を追記。この場合上限50MBになる。
     include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
     (-中略-)
}

$ sudo systemctl restart nginx

原因2 解決方法:PHPの設定ファイルを編集する

PHPの設定ファイルを編集します。

注意点

設定するサイズは以下の大小関係を満たしてください。
memory_limit>post_max_size>upload_max_filesize

$ cd /etc/php/7.2/fpm
$ sudo nano php.ini

#以下の設定項目を検索して変更する。

upload_max_filesize = 25M
#アップロードできるファイルサイズの上限。この場合25MBになる。

post_max_size = 50M
#POSTできるファイルサイズの上限。この場合50MBになる。

memory_limit = 256M
#PHPが使えるメモリサイズの上限。この場合256MBになる。(初期値の128Mでも良いらしい。)

$ sudo systemctl restart php7.2-fpm
$ sudo systemctl restart nginx

この2点を変更することで、エラーが出ずにアップロードできる様になるはずです。
お疲れ様でした。

Amazonで買ったHuaweiWatch用時計バンドとmicroB USBケーブルのレビュー(購入時)

久々にAmazonで買い物

特に理由はなかったんですが、ここ2年くらいAmazonで買い物をしていませんでした。
特段買うものがなかったという感じですが。

先日、久々にAmazonで買い物をしましたので今日は購入時レビューをしたいと思います。

デリバリープロバイダという配送業者

以前Amazonを使っていた時は午前中に注文すれば、その日の夜には発送されたイメージがありましたが、今回は注文から2日間くらいかかって発送完了のメールが来ました。

その発送完了メールに記載されていた配送業者に聞き覚えがない
「丸和運輸機関」
という配送業者が指定されていました。

Google検索などで調べたところ、デリバリープロバイダという地域限定系の配送業者の1つということがわかったのですが、インターネット上で出てくる評判はあまり良い評判が出てこないので心配になってきました。

さらに心配になるのが、発送完了メールが届いた日の夜になってもデリバリープロバイダの追跡サービスで追跡できなかった事です。
Amazonのチャットサポートに聞いてみたところ、
「都市間の輸送は別会社がやっているため、最終的な配達をするデリバリープロバイダ(今回の場合は丸和運輸機関)に品物が引き渡されないと追跡サービスに反映されない」
という回答をいただきました。
配達予定日朝になってやっと追跡サービスに情報が出てくるようになりました。

あと、これはドライバーさんが打ち間違えたようですが不在で持ち帰ったのにもかかわらず、追跡システムの方にお届け済みと表示されたのは外で確認してびっくりしました。かなりドキドキしながら帰宅することになったので疲れました。
家に帰ったら、不在票が入っていたのでドライバーさんの電話にかけて再配達を依頼しました。
(再配達の申込みは大手とあまり変わらないですね。)

長々と商品到着前の話をしてしまいましたが、商品レビューに入りたいと思います。

1点目:金属製 時計バンド (18mm)

1点目は金属製の時計バンドを購入しました。

Amazonの商品リンクはこちら
時計バンド ベルト18mm ステンレス、Fullmosa スマートウォッチバンド ベルト 腕時計バンド 18mm 20mm 22mm 24mm交換ベルトステンレス 金属ベルト18mm シルバー

購入理由

HuaweiWatch 1stを持っているのですが、数ヶ月前に購入時に付いてきたレザーバンドのバックルが取れてしまい腕時計として使えない状態になってしまいました。

パッケージ

パッケージはとてもシンプルでいいと思います。

パッケージ内梱包も特に問題なく

本体と付属品

バンド本体の他に、取扱説明書、取付工具、バンド長さ調整工具、留め具が付属してきました。

工具が付属してきたのはとてもいいポイントですね。

バンドの長さ調整方法


矢印のついている取り外し可能なバンドのコマの側面にある穴に付属してきた工具を差し込んで行くとコマを固定している棒を外せます。

もう一本外して1つコマを取ることができます。

つなげる時は逆にコマを固定している棒を差し込んで行きます。

自分は4コマ取り外してちょうどいい感じになりました。

時計への取り付け

時計との取付は付属してきたワンタッチ式のバネ棒を使います。
HuaweiWatch純正品もワンタッチ式ですが、今回のバンドもワンタッチ式なのはとても楽で良かったです。

バンドの端にワンタッチ式バネ棒を入れるところがあのでそこに入れます。
取付中に抜けやすいのは注意が必要でした。

バネ棒の動かない方を先に差し込んでから、取付ると楽です。

もう片方も取付して完了です。

使用してみての感想

全体の感じはこんな感じになりました。

HuaweiWatch本体が金属製でシルバーなので、今回購入した金属のシルバーバンドは一体感が出ていい感じになりました。

まだ数時間の使用ですが、特段問題もなく使えていていい感じです。

2点目:microB USBケーブル

2点目はmicroBのUSBケーブルを購入しました。

購入理由

以前からスマートフォンの充電などに使っていたケーブルが古くなってきて、スマートフォンを立てると抜けてしまうようになったので購入しました。

Amazonの商品リンクはこちら
【3本セット】Tronsmart Micro USBケーブル 金メッキコネクタ 急速充電 高速データ転送対応 超高耐久 マイクロ USB ケーブル 充電ケーブル Android microusb対応

パッケージ

いたって普通な感じのパッケージです。

本体と付属品

今回は、1mのケーブル3本セットを購入しました。
ケーブルのみで特に付属品はありませんでした。

使用してみての感想

スマホ充電に使ってみましたが、特にコネクタが硬すぎるとかもなく使うことができました。

データ転送では使ってないので、今後使ってみたいと思います。

まとめ

今日は購入した2点の物について購入時レビューをしました。
使い始めたらまた違う感じになると思うので1ヶ月ほど後にまたレビューをしたいと思います。

では、またー

Ubuntu Server 18.04 LTS Nginx環境でWordPressのパーマリンクを使う

Ubuntu Server 18.04 LTS でNginx環境でのWordPressパーマリンク設定を備忘録としてまとめておきたいと思います。

404エラーが出る

WordPressのパーマリンク設定を基本から変えると404エラーが出てしまいます。
これに対応するための設定です。

Nginxの設定ファイルを編集する

$ cd /etc/nginx/sites-available
$ sudo nano default

#以下の一行を検索しコメントアウト
#try_files $uri $uri/ =404;

#コメントアウトした次の行に以下の一行を追記
try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&$args;

$ sudo systemctl restart nginx

ウェブブラウザでWordPressのパーマリンク設定を変更し、記事にアクセスできれば完了です。
お疲れ様でした。

Ubuntu Server 18.04 LTS WordPress インストール

時間が流れるのは早い

新年明けてからバタバタと過ごしてブログ更新をサボっていたら3月になってしまいました。時間が流れるのは早いと感じているところです。

今日は過去に書き溜めていた記事を公開します。

本題はここから

※注意!
この記事はWordPress5.xのリリース前に書いたため、4.9.8でのインストール手順となっております。

Ubuntu Server 18.04 LTS でのWordPressのインストールを備忘録としてまとめておきたいと思います。

今回の環境

WordPressのダウンロード

WordPress公式サイトからダウンロードリンクをコピーしておきます。

$ cd /var/www/html
$ sudo mkdir www.hoge.hoge
$ cd www.hoge.hoge
$ sudo wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.8-ja.zip

ダウンロードしたファイルを解凍

$ cd /var/www/html/www.hoge.hoge
$ sudo apt install unzip
$ sudo unzip wordpress-4.9.8-ja.zip

#wordpressフォルダが作られる
$ ls

パーミッションと所有者・グループを変更

$ cd /var/www/html/www.hoge.hoge
$ sudo chmod 775 -R wordpress

#www-dataはNginxのユーザを設定
$ sudo chown www-data:www-data -R wordpress

Nginxの設定ファイルを編集する

$ cd /etc/nginx/sites-available
$ sudo nano default

#以下の一行を検索しコメントアウト
#root /var/www/html;

#WordPressをインストールしたディレクトリを追記する
root /var/www/html/www.hoge.hoge/wordpress;

#index.phpを追記する
index index.html index.htm index.nginx-debian.html index.php;

$ sudo systemctl restart nginx

Adminerを一時的にWordPressフォルダに入れる

Adminerインストールの過去記事はこちら
Ubuntu Server 18.04 LTS Adminer インストール

$ cd /var/www/html
$ sudo cp adminer.php /var/www/html/www.masa10.hoge/wordpress

AdminerでWordPress用のデータベースを作成

ウェブブラウザで”サーバ名/adminer.phpにアクセス

MariaDBのユーザ名とパスワードを入れてログインする。

データベースを作成をクリック

空欄に任意のデータベース名を入力
照合順序は”utf8_general_ci”を選択

データベース作成ができました

WordPressのインストール

ウェブブラウザで”サーバ名”にアクセス

さあ、始めましょう
をクリック

先ほど、Adminerで作成したデータベース名など、データベースに関する情報を入力する

データベースに接続できると、この様な画面になるので
インストール実行をクリック

WordPressに関する情報を入力します。
入力後、”WordPressをインストール”をクリック

インストールが完了しました。
ログインをクリック

ログイン画面になるので先ほど設定したユーザ名とパスワードでログインします。

ダッシュボード画面になればWordPressインストール完了です。

【重要】一時的に入れたAdminerを削除する

Adminerを誰でもアクセスできる状態にしておくのは、セキュリティ的に問題があるので削除します。

$ cd /var/www/html/www.hoge.hoge/wordpress
$ sudo rm adminer.php

以上でWordPressのインストール完了です。
お疲れ様でした。

2019年 あけましておめでとうございます&2019 初日の出

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます(何回言うんだ)
今年(2019年)もよろしくお願いします。

今年も写真や技術的な内容を中心にまったりと更新できればと思います。

新年始めは、初日の出の写真から!

新年さっそく、本日(元日)朝に仙台空港の展望デッキ(スマイルテラス)から初日の出を撮影してきましたので、何枚か載せます。是非ご覧下さい。

※今年は初日の出のため、元日のみ展望デッキオープン時間が6:45から6:10に早めて開放されました。(毎年なのかは分かりません。)

SONY DSC-HX60V (4.3mm, f/4.5, 1/10 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (4.3mm, f/6.3, 1/10 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (4.3mm, f/4, 1/200 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (64.31mm, f/6.3, 1/1250 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (62.59mm, f/6.3, 1/1600 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (50.19mm, f/6.3, 1/1600 sec, ISO80)
SONY DSC-HX60V (41.08mm, f/6.3, 1/1600 sec, ISO80)

2019年も、Masato’s Blog Picture Days をよろしくお願いします。