システム構築

Ubuntu Server 18.04 LTS Systemd/timerで定期実行する設定

Ubuntu Server 18.04 LTS でSystemd/timerを使う方法を備忘録としてまとめておきたいと思います。

定期実行するシェルスクリプトを用意

定期的に実行したいシェルスクリプトを用意します。

シェルスクリプトの一例として以下のシェルスクリプトを投稿しております。
MyDNSでのIPアドレス通知シェルスプリクト
Cloudflareを動的IPで使うときのIP通知シェルスクリプト

用意したシェルスクリプトのパーミッションを755(実行権限付与)にします。

Serviceファイルを作る

$ cd /etc/systemd/system
$ sudo nano hoge.service

[Unit]
#このServiceの説明(タイトル)
Description=Hoge

[Service]
Type=simple
#実行するシェルスクリプトの絶対パス
ExecStart=/path/to/hoge.sh

Timerファイルを作る

$ cd /etc/systemd/system
$ sudo nano hoge.timer

[Unit]
#このTimerの説明(タイトル)
Description=Hoge Timer

[Timer]
#実行する時間の設定(以下の設定は毎時00分、05分、10分、15分、20分、25分、30分、35分、40分、45分、50分、55分に実行する設定)詳細は後述
OnCalendar=*-*-* *:00,05,10,15,20,25,30,35,40,45,50,55:00
#実行するServiceファイルを指定
Unit=mydns.service

[Install]
WantedBy=timers.target

OnCalendarの設定項目

OnCalender=年-月-日 時:分:秒
で設定できます。
また、*をワイルドカードとして使えたり、,で区切ることで複数の値を指定することが可能です。

Timerを有効化

$ sudo systemctl start hoge.timer
$ sudo systemctl enable hoge.timer

Timer一覧で確認する

$ sudo systemctl list-timers 
#すべてのタイマーのリストがでるはずです

動作確認する

$ sudo journalctl -xefu hoge
#直近のログが見れるはずです

以上でSystemd/timerで定期実行する設定は完了です。
お疲れ様でした。

Cloudflareを動的IPで使うときのIP通知シェルスクリプト

Cloudflareを動的IP(IPv4)で使うときのIP通知シェルスクリプトを備忘録としてまとめておきたいと思います。

事前設定

  • 使いたいドメインをCloudflareに登録する
  • CloudflareのDNS設定で通知したいサブドメインをAレコードで登録する

シェルスクリプト全文

こちらのGitHub gistで公開されてるスプリクトをエラーが出ないように修正したものです。

#!/bin/bash

# CHANGE THESE
#下記の""の中を書き換える
auth_email="登録しているメールアドレス"
auth_key="CloudflareのGlobal API Key" # found in cloudflare account settings
zone_name="登録しているドメイン"
record_name="IP通知したいドメイン(FQDN)"

# MAYBE CHANGE THESE
ip=$(curl -s http://ipv4.icanhazip.com)
#以下の/path/to/を絶対パスに変更する
ip_file="/path/to/cloudflare-ip.txt"
id_file="/path/to/cloudflare.ids"
log_file="/path/to/cloudflare.log"

# LOGGER
log() {
    if [ "$1" ]; then
        echo -e "[$(date)] - $1" >> $log_file
    fi
}

# SCRIPT START
log "Check Initiated"

#IPアドレスが変更されているか確認
if [ -f $ip_file ]; then
    old_ip=$(cat $ip_file)
    if [ $ip = $old_ip ]; then
        echo "IP has not changed."
        exit 0
    fi
fi

if [ -f $id_file ] && [ $(wc -l $id_file | cut -d " " -f 1) = 2 ]; then
    zone_identifier=$(head -1 $id_file)
    record_identifier=$(tail -1 $id_file)
else
    zone_identifier=$(curl -s -X GET "https://api.cloudflare.com/client/v4/zones?name=$zone_name" -H "X-Auth-Email: $auth_email" -H "X-Auth-Key: $auth_key" -H "Content-Type: application/json" | grep -Po '(?<="id":")[^"]*' | head -1 )
    record_identifier=$(curl -s -X GET "https://api.cloudflare.com/client/v4/zones/$zone_identifier/dns_records?name=$record_name" -H "X-Auth-Email: $auth_email" -H "X-Auth-Key: $auth_key" -H "Content-Type: application/json"  | grep -Po '(?<="id":")[^"]*')
    echo "$zone_identifier" > $id_file
    echo "$record_identifier" >> $id_file
fi

update=$(curl -s -X PUT "https://api.cloudflare.com/client/v4/zones/$zone_identifier/dns_records/$record_identifier" -H "X-Auth-Email: $auth_email" -H "X-Auth-Key: $auth_key" -H "Content-Type: application/json" --data "{\"id\":\"$zone_identifier\",\"type\":\"A\",\"proxied\":true,\"name\":\"$record_name\",\"content\":\"$ip\"}")

case "$update" in
  *"\"success\":false"*)
    message="API UPDATE FAILED. DUMPING RESULTS:\n$update"
    log "$message"
    echo -e "$message"
    exit 1;;
  *)
      message="IP changed to: $ip"
    echo "$ip" > $ip_file
    log "$message"
    echo "$message";;
esac

このスプリクトでは、CDNが有効化されるようになっています。
DNSのみの利用の場合は
37行目後半の\”proxied\”:trueを\”proxied\”:falseに書き換えます。

強制的に更新したい場合はシェルスクリプトを実行すると作成される、
cloudflare-ip.txt
を削除してください。

失敗するときは…

シェルスクリプトを実行すると作成される、
cloudflare.ids
を削除するとうまくいくことがあります。

通知を自動化するには

Systemd/timerにやらせて自動化します。
詳細はこちらの記事をどうぞ
Ubuntu Server 18.04 LTS Systemd/timerで定期実行する設定

以上、Cloudflareを動的IPで使うときのIP通知シェルスクリプトでした。

MyDNSでのIPアドレス通知シェルスプリクト

MyDNSでIPアドレスを通知するためのシェルスクリプトを備忘録としてまとめておきたいと思います。

シェルスクリプト全文

#!/bin/sh

#wgetで通知する
wget -O - 'https://ID:[email protected]/login.html'  > /dev/null

#子IDなどがあればIDとパスワードを変えて下に追記していく。

通知を自動化するには

Systemd/timerにやらせて自動化します。
詳細はこちらの記事をどうぞ
Ubuntu Server 18.04 LTS Systemd/timerで定期実行する設定

以上、MyDNSでのIP通知シェルスクリプトでした。

WordPressにアップロードできるファイルサイズを変更する方法

ファイルをアップロードするとエラーが出る

画像をアップロードしようとしたところ、
このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。
というエラーが出てしまいました。

  • 環境
    • Ubuntu 18.04 LTS
    • Nginx
    • PHP 7.2

原因1:Nginxのデフォルト設定

原因1はNginxのデフォルト設定で、POST最大サイズが1MBまでになっているためです。
設定ファイルを書き換えて変更します。

原因2:PHPのデフォルト設定

原因2はPHPのデフォルト設定で、アップロードできるファイルサイズが2MBまでになっているためです。
こちらも設定ファイルを書き換えて変更します。

原因1 解決方法:Nginxの設定ファイルを編集する

Nginxの設定ファイルを編集します。

$ cd /etc/nginx/
$ sudo nano nginx.conf

http {
     (-中略-)
     client_max_body_size 50M;
     #includeの前に上の1行を追記。この場合上限50MBになる。
     include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
     (-中略-)
}

$ sudo systemctl restart nginx

原因2 解決方法:PHPの設定ファイルを編集する

PHPの設定ファイルを編集します。

注意点

設定するサイズは以下の大小関係を満たしてください。
memory_limit>post_max_size>upload_max_filesize

$ cd /etc/php/7.2/fpm
$ sudo nano php.ini

#以下の設定項目を検索して変更する。

upload_max_filesize = 25M
#アップロードできるファイルサイズの上限。この場合25MBになる。

post_max_size = 50M
#POSTできるファイルサイズの上限。この場合50MBになる。

memory_limit = 256M
#PHPが使えるメモリサイズの上限。この場合256MBになる。(初期値の128Mでも良いらしい。)

$ sudo systemctl restart php7.2-fpm
$ sudo systemctl restart nginx

この2点を変更することで、エラーが出ずにアップロードできる様になるはずです。
お疲れ様でした。

Ubuntu Server 18.04 LTS Nginx環境でWordPressのパーマリンクを使う

Ubuntu Server 18.04 LTS でNginx環境でのWordPressパーマリンク設定を備忘録としてまとめておきたいと思います。

404エラーが出る

WordPressのパーマリンク設定を基本から変えると404エラーが出てしまいます。
これに対応するための設定です。

Nginxの設定ファイルを編集する

$ cd /etc/nginx/sites-available
$ sudo nano default

#以下の一行を検索しコメントアウト
#try_files $uri $uri/ =404;

#コメントアウトした次の行に以下の一行を追記
try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&$args;

$ sudo systemctl restart nginx

ウェブブラウザでWordPressのパーマリンク設定を変更し、記事にアクセスできれば完了です。
お疲れ様でした。